プロミスは即日融資可能?土日でも当日に借りられる?

今日中にお金が必要になった時に、プロミスなら当日に申し込んで当日中に借入(即日融資)が可能になっており、もちろん土日祝日でも急ぎでお金を借りられます。

ただ、即日融資には諸条件もありますので、ここではプロミスの即日融資について徹底解説していきます。


もくじ

本当にプロミスなら即日融資が可能なの?

 

そもそも気になるのは「プロミスに初めて申し込みをして、その日のうちにお金を借りられるの?」というところだと思います。

結論から言ってしまうと、プロミスは最短30分で審査結果が出るので即日融資も可能です。

ただ、申し込み方法によっては、翌営業日の審査になってしまうこともありますので、「即日融資が可能となる申し込み方法」で手続きを進めることがとても大切なんです。

プロミスで即日融資を受けるための審査実施時間

まず覚えておきたいのがプロミスの審査可能な時間です。

▼プロミスの審査実施時間
9:00〜21:00

プロミスは21時まで審査をしてくれるのですが、じゃあ、21時ギリギリに申し込んでも大丈夫なのかというと、そうではありません。

プロミスの審査は「最短30分」なので、どんなに遅くても30分前の20時30分までには申し込みを済ませておかなければいけません。

ただし、20時30分までに申し込みをすれば即日融資のチャンスはあるのですが、プロミスの審査は基本的には申し込み順に行われるので、混雑していたらそれだけ遅くなってしまいます。

最悪の場合、審査対応が翌営業日になってしまうこともあります。

こういう事態を避けるために、ここでは「20時まで」にプロミスの申し込みを完了させておくことをおすすめします。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスから即日融資を受けるための申し込み方法

プロミスの申し込み方法は、

1. インターネット
2. WEB完結
2.スマホアプリからの申し込み「アプリローン」
3.自動契約機
4.店頭窓口
5.プロミスコール(電話)
6.郵送
から選ぶことができます。

このうち、即日融資に最適な申し込み方法は、「インターネット」「WEB完結」「アプリローン」の3種類になります。

「プロミスコール(電話)」でも即日融資が可能なのですが、審査に必要な項目を電話で答えることにかなり時間がかかってしまうことがあるので、即日融資としてはあまりおすすめはできません。

同じく、「プロミスの自動契約機」でも即日融資は可能ですが、自動契約機に先客がいた場合、待たないといけないことになるので時間のロスが生じます。最短で即日融資を受けたい場合には、確実性に欠けるかもしれません。

プロミスのインターネット申し込みで即日融資

プロミスのインターネット申し込みから即日融資までの流れはこうなります。

▼インターネット申し込みの流れ
1.インターネットから申し込み手続きをします。
2.審査・在籍確認が行われます。
3.メールで審査結果の報告があります。
4.必要書類を持って自動契約機に行きます。
5.契約とローンカードの発行を行ったら即日融資ができるようになります。自動契約機に併設されているプロミスATMですぐに借り入れ可能です。

インターネット申し込みは、プロミスの公式サイトにある申し込みフォームから手続きを行います。

入力そのものは15分もあれば完了すると思いますが、事前に調べておかないとわからない項目もあります。

勤務先の郵便番号・住所・電話番号・社員数・入社年月日などはあらかじめ確認しておいてメモしておくと入力作業がスムーズに進みますよ。

「ご希望の契約方法」は「来店でご契約」を選ぶ

プロミスのインターネット申し込みの入力項目に「ご希望の契約方法」があり、「WEBでご契約」と「来店でご契約」の2つから選ぶことになるのですが、ここは必ず「来店でご契約」を選んでください。

「WEBでご契約」を選ぶと次にご紹介するWEB完結での契約になります。

プロミスのWEB完結でも即日融資が可能なのですが、ローンカードの取り扱いが変わってしまいます。

自動契約機に行けばローンカードも即日発行できる

インターネット申し込みで「来店でご契約」を選択して自動契約機で契約をすれば、ローンカードもその場で発行することができるので、プロミスとの契約後すぐにATMからお金を借りることができます。

一方、WEB完結はプロミスの自動契約機に行かなくても契約が完了できるのですが、ローンカードの発行がありません。

ATMから現金を即日融資する方法が限られてしまい、さらに必ず手数料がかかってしまいます。

そのため、
・ローンカードも即日発行が必要な人
・自動契約機に行ける人
には、こちらの「インターネット申し込みをして自動契約機で契約・ローンカードの発行」が合っていることになります。

なお、自動契約機で契約をすれば契約書をその場で受け取ることができるので、プロミスから自宅に契約関連の郵便物が送られてくることはありません。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスのWEB完結で即日融資

プロミスのWEB完結はインターネットで申し込み・契約・借り入れ・返済ができる便利なサービスです。

プロミスのWEB完結の申し込みから即日融資までの流れは以下の通りです。

▼WEB完結申し込みの流れ
1.インターネットから申し込み手続きをします。
2.必要書類をインターネットで提出します。
3.審査・在籍確認が行われます。
4.メールで審査結果の報告があります。
5.インターネットで契約します。その際にカード発行の選択で「カード発行なし」を選びます。
6.即日融資が可能となります。

WEB完結は、インターネットで申し込み・契約・借り入れ・返済ができるサービスで、契約がインターネットで締結できてローンカードの発行がないので、郵便物が送られてくることはありません。

プロミスのWEB完結は通常のインターネット申し込みと同じフォームから申し込みができるのですが、注意点が3つあります。

1.登録する金融機関で本人確認が完了していること

WEB完結を利用するには、プロミスの借り入れ・返済用口座として設定する金融機関で本人確認が完了している必要があります。

本人確認ができているかどうかがわからない場合は、金融機関に問い合わせてみてください。

2.「ご希望の契約方法」は「WEBでご契約」を選ぶ

「ご希望の契約方法」は、「WEBでご契約」と「来店でご契約」があるとご説明しましたが、WEB完結を希望する場合は必ず「WEBでご契約」を選択してください。

「来店でご契約」を選択すると通常のインターネット申し込みになり、プロミスの自動契約機で契約・ローンカード発行を行うことになります。

3.契約時に「カード発行なし」を選ぶ

プロミスのWEB完結で即日融資を受けるためには、ローンカード発行選択で「カード発行なし」を選びましょう。

これでWEB完結での申し込みが完了するので、すぐに借り入れができるようになるんです。

実は、WEB完結でローンカードを発行しないで契約を締結しても、ローンカードが必要な場合は後から発行することもできます。

ローンカード発行のために自動契約機に行く時間すら惜しい!という場合は、このWEB完結がいちばん早く即日融資を受けられる方法になります。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスのアプリローンで即日融資

アプリローンは特別な商品というわけではなく、プロミスのスマホアプリから申し込みをすることをアプリローンと名付けている、ということになります。

アプリローンでの申し込みはWEB完結形式になるので、ローンカードの発行がなく、自動契約機に行く必要もありません。

▼アプリローン申し込みの流れ
1.スマホにプロミス公式アプリをインストールします。
2.アプリ内の「アプリローン」から申し込み手続きをします。
※この時に運転免許証などをカメラ機能で読み込むと、氏名・生年月日・住所が自動入力できて時短になります。
3.必要書類の提出。(アプリ内で提出できます)
4.審査結果のお知らせ(メール・電話)
5.即日融資が可能となります。

プロミスから即日融資を受けるための在籍確認について

プロミスの場合、どの申し込み方法で手続きをしても在籍確認が行われることになります。

在籍確認は基本的に勤務先への電話になります。

プロミスの審査担当者が「田中と申しますが(申込者)さんはいらっしゃいますか?」と電話をかけてきます。

もし自分が電話に出られなくても、対応してくれた人が、

「(申込者)は、ただ今不在です」
「(申込者)は退社しておりまして・・・」
「(申込者)は席を外しております」

などと答えてくれたら通過することができるので、必ずしも自分が電話に出なくても大丈夫です。

しかし、申し込みをした時間があまりにも遅すぎて会社に誰もいなくなってしまったなど電話対応ができなかった場合は、在籍確認が取れないことになるので即日融資ができないことがあります。

20時30分までに申し込みをすれば審査そのものは可能なのですが、ご自分の勤務先で在籍確認ができる時間帯までに申し込みをする必要があります。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

即日融資で借り入れをする方法は2種類

プロミスの審査に通ったらあとはお金を借りるだけなのですが、どういった方法で借りることができるのでしょうか?

即日融資のお金の借り方は、申し込みをした方法によって異なります。

プロミスの借り入れ方法は、
・ATM
・振込キャッシング

の2種類があります。

インターネット申し込みでローンカードを発行した場合は、プロミスATMと提携ATMのすべてのATMを利用することができ、振込キャッシングも利用できます。

ローンカード発行なしのWEB完結とアプリローンでの申し込みの場合は、利用できるATMが限られてしまいセブン銀行ATMとローソンATMでの借り入れになります(振込キャッシングも利用可能)。

インターネット申し込み後の借り入れ方法

プロミスの自動契約機にはATMが併設されていることが多いので、インターネット申し込み後に自動契約機でローンカードを発行した場合はその場でお金を借りることができます。

プロミスATMを利用して手数料無料でお金を借りる

プロミスATMならATM利用手数料もかかりませんし、即日融資で現金を借りたい場合は、この方法がいちばんスピーディです。

提携ATMでお金を借りる

プロミスには提携ATMがたくさんありますが、そのうち、三井住友銀行ATMは手数料無料で利用できます。

プロミスATMと三井住友銀行ATMの2つが手数料をかけずに利用できるということになりますね。

その他のATMは手数料がかかりますが、セブン銀行、ローソン銀行、ファミリーマートに設置されているE-net、ゆうちょ銀行、地方銀行などのATMから借り入れが可能なので、全国どこからでもお金を借りられるという利便性に優れています。

▼提携金融機関ATMの手数料

取引金額 借入時手数料 返済時手数料
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円

 

振込キャッシング(瞬フリ)でお金を借りる

プロミスの振込キャッシングはインターネット会員ページから振込依頼をして、自分の金融機関にお金を振り込んでもらう借り方です。

「瞬フリ」は振込キャッシングと同じなのですが、瞬フリ対応の金融機関への振込なら、振込依頼から最短10秒で振込が完了するというとてもスピーディな振込キャッシングサービスになります。振込手数料も無料なのでとても便利ですよ。

プロミスの「瞬フリ」は、現在200の金融機関に対応しています。

▼瞬フリ対応金融機関
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
イオン銀行
横浜銀行
など200を超える金融機関

プロミスの場合、該当する金融機関であれば、最短10秒で即日融資を受けることができます。

瞬フリ非対応の金融機関に振込依頼をした場合は、金融機関の営業時間内に入金されることになり、例えば、夜の8時に振込依頼をしたら、翌営業日の9時以降に振り込まれることになります。

メンテナンス時間にご注意を

プロミス振込キャッシングサービスは定期的にメンテナンスを行なっているので、振込ができない時間帯があります。

プロミスのメンテナンスは「毎週月曜日0:00〜7:00」になります。

また、土曜日23:30~24:00と日曜日18:50~24:00の申し込みは翌日8:45~9:30頃の入金になります。

このほかにもお使いの金融機関によってメンテナンス時間が決まっていて、振込キャッシングが受けられないこともあります。

例えば三井住友銀行なら「毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00」がメンテナンスとなり、インターネットバンキングの利用ができないので振込キャッシングも使えません。

三菱UFJ銀行は毎月第2土曜日21:00~翌日曜日7:00、ゆうちょ銀行は毎月第3月曜日0:00~8:30がメンテナンス時間になります。

いずれも夜間・深夜に行われることが多いので即日融資には影響しにくいとは思いますが、自分が利用している金融機関のメンテナンス日時は覚えておくといざという時に困らないでしょう。

WEB完結・アプリローン申し込み後の借り入れ方法

WEB完結とアプリローンはローンカードが発行されない申し込み方法になります。

即日融資の借り入れ方法は、
・振込キャッシング(瞬フリ)
・スマホATM(セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATM)
のいずれかになります。

振込キャッシング(瞬フリ)でお金を借りる

振込キャッシングについては、インターネット申し込みと同じで、お使いの金融機関が瞬フリ対応であればメンテナンス時間を除く24時間、最短10秒で入金されます。

手数料も無料ですし、WEB完結・アプリローンで申し込みをした場合の主力となる借り入れ方法になると思います。

スマホATM(セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATM)でお金を借りる

ローンカード発行がないWEB完結でATMからお金を借りる場合は、スマホアプリが必要になります。

プロミススマホアプリがあれば、セブン銀行ATMまたはローソンATMで現金を借りることができるんです。

この機能のことを「スマホATM」と呼んでいます。

スマホATMを使って借り入れをする流れは以下の通りです。
(セブン銀行・ローソン銀行で、画面に表示される文字や流れは若干異なります。)

1.スマホにプロミス公式アプリをインストールする
2.アプリの「スマホATM取引」をタップする
3.セブン銀行またはローソン銀行ATMの画面で「スマホ取引」をタップする
4.アプリの「出金」をタップします
5.ATMにQRコードが表示されるのでスマホで読み取ります
6.スマホに表示された「企業番号」「認証番号」をATMに入力します
7.ATMで借りたい金額を入力して、現金を受け取ります

文字で流れを見ると複雑に感じますが、実際はスマホとATMの画面に操作方法がわかりやすく表示されるので、難しいことはないと思います。

ATM利用手数料に注意を!

スマホATMはローンカードがなくてもお金を借りることができますし、インターネット申し込みをした人でもローンカードを持ち歩くことなく借り入れが出来るので、とても便利であることは間違いありません。

ただし、セブン銀行ATMもローソン銀行ATMも、どちらも利用手数料がかかってしまう借り入れ方法になります。

手数料は1万円以下なら110円、1万円超なら220円になります。

スマホATM対応はセブン銀行・ローソン銀行のみ

プロミスのスマホATMが利用できるのはセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMのみになります。ですので、振込キャッシングよりもATMからの借り入れを積極的に行いたいという場合はWEB完結・アプリローンよりもインターネット申し込みをして自動契約機でローンカードを発行した方が便利かもしれませんね。

または、とりあえず即日融資のためにWEB完結・アプリローンで契約をして、後日ローンカードを発行してもらうという方法もあります。

プロミスで土日に即日融資を受けることはできる?

土日にプロミスから即日融資を受けるための考え方も、これまでにご紹介した流れとほぼ変わりません。

ただ、意識しておきたいのが土日は申込者が多いことと、お使いの金融機関によってはWEB完結・アプリローンでの申し込みがやりにくいことがあります。

三井住友銀行やジャパンネット銀行などの瞬フリ対応口座を開設していて、本人確認が確実に済んでいる人であれば審査通過後にすぐに瞬フリでお金を借りることができます。

しかし本人確認にイマイチ自信がない場合や、口座は開設しているけどインターネットバンキングを使ったことがなくて不安という場合は、「インターネット申し込みをして、自動契約機で契約・ローンカード発行」の流れの方が確実です。

土日にプロミスから即日融資を受けるための確実性の高い方法は以下の通りです。

1.インターネットから申し込み手続きをします。
2.審査・在籍確認が行われます。
3.プロミスからメールで審査結果の報告があります。
4.必要書類を持ってプロミスの自動契約機に行きます。
5.契約とローンカードの発行を行います。自動契約機に併設されているプロミスATMで現金を借りられます。またはコンビニATMなどの提携ATMからも借りられます。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

土日に即日融資を受けるための注意点は?

繰り返しますが、土日はインターネット申し込みをして、自動契約機でローンカードを発行する方法をおすすめします。

WEB完結・アプリローンでも土日の即日融資は可能なのですが、万が一、お使いの銀行がWEB完結に対応していなかった場合や、本人確認が済んでいなかった際などに銀行に問い合わせをしても、土日は休業日ということで回答してもらえないことがあるんです。

金融機関を介する借り入れは不完全な要素が多いので、土日の即日融資はローンカードを使ってATMから借り入れをした方が安全なのです。

確実に在籍確認が取れるようにしておきましょう

土日祝祭日がお休みの会社で社内に誰もいないなど、在籍確認が取れなかった場合は即日融資ができないことになります。

こういったケースでは、できるだけ土日祝祭日以外の会社の営業時間内に申し込みをすることをおすすめします。

どうしても会社の営業時間内の申し込みが難しい場合は、インターネット申し込みをした後にプロミスコールに電話をかけて事情を説明して相談してみてください。

プロミス店頭窓口は土日祝祭日がお休みです

プロミス店頭窓口の営業時間は「平日10:00〜18:00」なので、土日祝祭日はお休みです。
契約・ローンカード発行は必ず自動契約機に行ってください。

自動契約機の営業時間が短縮されています!

2020年10月5日よりプロミスの自動契約機の営業時間が短縮されて「9:00〜21:00」となりました。以前は22時まで営業していた店舗も現在は21時までとなっています。

一部店舗では現在も22時までと記載されていることがあるのですが、全国一律21時までの営業になりますのでお間違いのないようにしてくださいね。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

確実に即日融資を受けるためのポイントと注意点

プロミスは即日融資に対応している消費者金融ですが、さらに即日融資でお金を借りられる可能性をアップするためのポイントや注意点をご紹介します。

インターネット申し込みの後にプロミスコールに電話をする

融資までにあまり時間がないときには、プロミスコールに電話をすることも有効です。

インターネットで申し込みをした後にプロミスコールに電話をかけて、急いでお金が必要なので即日融資を希望していることを伝えましょう。

プロミスの審査は基本的に申し込み順になるのですが、優先的に審査を行ってくれることがあります。

事前準備をしてプロミスに申し込む

インターネット申し込みもWEB完結も、申し込み手続きはパソコン・スマホからの入力になりますので、事前準備をしておくと入力がスムーズに進みます。

特にプロミスに提出する必要書類は確実に揃えておきましょう。

せっかく最短でプロミスの審査に通過しても、提出が必要な書類に不備があって再提出ということになったら、そこからさらに時間がかかることになります。

必要書類は事前に揃えておいて、スムーズにプロミスに提出できるようにしておかなければいけません。

プロミス審査の必須となる書類は「本人確認書類」です。

本人確認書類では氏名・現住所・生年月日が確認されます。どの申し込み方法でも現住所が記載されている有効期限内の運転免許証があれば問題なしです。

発行を受けていない場合は、パスポート、マイナンバーカードなどの顔写真付きの身分証明書を用意しておきましょう。

健康保険証など顔写真がない身分証明書しかない場合は、住民票の写しが必要となりますので事前に用意しておいてください。

また、運転免許証やマイナンバーカードに現住所が記載されていない場合は、公共料金の領収書、住民票の写しなどの添付書類が必要になります。

運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれもお持ちでない方は、申し込みをする前に必要書類をしっかり確認して揃えておくようにしましょう。

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して提出してください。

また、以下のどちらかに該当する場合は、「収入証明書」も必要です。

希望の借入額が50万円を超える場合
希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

いずれかに該当する場合は、直近2ヶ月分の給与明細、源泉徴収票や確定申告書など年収がわかる書類を用意しておきましょう。

プロミスは即日融資に強い!(まとめ)

プロミスで即日融資を受ける方法をまとめると、以下のようになります。

▼即日融資ができる申し込み方法
即日融資のための申し込みは、「インターネット申し込み。契約は自動契約機」または「WEB完結」「アプリローン」で行いましょう。

ただし、プロミスの「WEB完結」「アプリローン」を利用するにはお使いの金融機関で本人確認が完了している必要がありますので、手続きを行っていない場合やよくわからない方はインターネット申し込みで行いましょう。

また、土日にプロミスに申し込みをする場合は、「インターネット申し込み・契約は自動契約機」に絞った方が確実です。

プロミスの場合、申し込みを完了させるリミットは平日・土日ともに「20時」と思っておきましょう。もちろん早ければ早いほど良いですよ!

在籍確認を確実に通すことも事前に考えておいて、必要書類も用意しておくことを忘れずに!

▼即日融資ができる借り入れ方法

・インターネット申し込みで契約した場合は?
プロミスATMまたは提携ATM、振込キャッシング(瞬フリ)

・WEB完結で契約した場合は?
振込キャッシング(瞬フリ)またはスマホATM(セブン銀行・ローソン銀行)

即日融資で借り入れをするには事前準備が大切!お金の借りすぎにはくれぐれも注意が必要ですが、本当に困っている時には助けになるはずです。

プロミスでぜひ即日融資を成功させましょう!

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 


 
 
 

PAGETOP