アイフルのWEB完結(ローンカード&郵送物なし)メリット・デメリット

アイフルにインターネットで契約が完結する「WEB完結」があるということをご存知でしょうか?

さらに「カードレス契約」をすればローンカードの発行がないので、自宅にアイフル契約に関する郵便物が送られてくることもありません。

ただし、便利なアイフルのWEB完結にも、把握しておきたいデメリットがあります。

アイフルのWEB完結についてわかりやすく解説していますので、通常のインターネット申し込みとどちらにしようか迷っている方はぜひご覧になってみてください。


もくじ

アイフル「WEB完結」とは?

 

これまでカードローンの契約は、紙の契約書に記入して受け取ることが必須だったので、申し込み自体はインターネットからできても契約までオンラインで行うことはできませんでした。

しかし、アイフルの無人契約機が近くになかったり、契約のために店舗には行きたくないという人も多いです。

そういった利用者の希望に応えて誕生したのが、インターネットで申し込みから契約まで行えるアイフル「WEB完結」です。

カードレス契約サービスも始まっています

しかし、インターネットで契約ができても、自宅に契約書やローンカードが郵送されてしまうと、家族にアイフルを利用していることがわかってしまいます。

カードローンは担保も保証人も必要ないので、利用条件としては家族の同意は不要ですが、それでも家族には知られたくないという人も多いでしょう。

こういった、できるだけ内緒で融資を受けたいという声も多かったことから、2018年4月22日(日)より、ローンカードを受け取らずに契約ができる「カードレス契約」も可能になりました。

カードレス契約をすれば、アイフルから契約書もローンカードも送られてくることがありませんので、郵便物が一切届くことなく契約を結ぶことができるんです。

郵便物はカードローン利用が家族バレする大きな原因になるので、家族に内緒でキャッシングをしたい、無人契約機には行けないという人もさらにアイフルを利用しやすくなりました。

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフル「WEB完結」のメリットは?

WEB完結で申し込みを行うメリットは、どんなところでしょうか?

申し込みから契約までインターネットで完結する

アイフルのWEB完結のいちばん大きなメリットは、申し込みから契約まで全ての手続きがインターネットだけで完了するところです。

申し込みはパソコンやスマホからできるので、自宅でもできますし仕事の昼休みなどに申し込むことも可能です。

郵便物が一切ないので家族バレしにくい

アイフルのWEB完結で申し込みをしてカードレスで契約をすれば、自宅に郵便物が送られてくることがありません。

郵便物から家族にカードローン利用がバレることがありませんし、そもそもローンカードが発行されないので、カードをうっかり見られてしまったことで借り入れが発覚することもありません。

「WEB完結+カードレス契約」は、通常のインターネット申し込みよりも家族にバレにくい申し込み方法であることは間違いありません。

土日祝日でも即日融資が可能

アイフルの審査は土日祝日も行われていて、コンビニATMからの借り入れなら24時間365日(メンテナンス時間を除く)対応なので、曜日にかかわらず最短即日融資を受けることができます。

⇒アイフルは即日融資可能?急ぎで借りる方法や受付時間などを解説

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフル「WEB完結」のデメリットは?

アイフルのWEB完結には見逃せないデメリットもありますので、しっかり把握しておきましょう。

利用できるATMがセブン銀行ATMかローソン銀行ATMになる

アイフルのWEB完結でカードレス契約をした場合、ローンカードそのものが発行されないことになります。

ローンカードがなければアイフルATMや提携ATMは基本的に利用することができませんので、ATMから現金を借りる方法がかなり限られてしまいます。

結論から言いますと、カードレス契約で利用できるATMはセブンイレブンなどに設置してある「セブン銀行ATM」またはローソンなどの「ローソン銀行ATM」の2種類に限られます。

アイフルはスマホアプリからATMを操作できる「スマホATM」に対応しているので、アイフルスマホアプリがあれば、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMから借り入れ・返済することができるんです。

「コンビニATMが使えれば便利じゃない?」と思われるかもしれませんが、コンビニATMをはじめとした提携ATMは利用手数料がかかるんです。

▼提携ATM利用手数料は?

取引金額 10,000円未満 10,000円超
借り入れ時の手数料 110円 220円
返済時の手数料 110円 220円

 

1回あたりの手数料は微々たるものですが、取引には毎回お金がかかっていることを忘れないようにしましょう。

ローンカードを後から発行できる

カードレス契約をするとローンカードは発行されませんが、ローンカードだけを後から発行することも可能です。

即日融資を受けるために取り急ぎカードレスで契約をして、後からローンカードを発行することもできますので、ローンカードについては後からゆっくり検討することもできます。

返済方法が口座振替に限定される

カードレス契約をするときには契約時に返済用の引き落とし口座を登録することになり、返済はこの口座からの口座振替で行います。

ATMから追加返済をすることはできますが、毎月の決まった返済(約定返済)は口座振替のみになりますのでご注意ください。

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフル「WEB完結」の契約方法・申し込みの流れ

アイフルWEB完結の申し込みの流れを確認する前に、「カードレス契約ができる条件」を把握しておきましょう。

カードレス契約ができる条件とは?

カードレス契約をするには、「口座振替登録」が必須になりますので、登録する金融機関の通帳やキャッシュカードを用意しておきましょう。

口座振替で返済をしたくないときや口座が家族と共用で使いたくない場合などでも、WEB完結で申し込みをすることは可能です。

ただしカードレス契約ができなくなるので、アイフルの無人契約機や郵送でローンカードを受け取ることになります。

アイフルのWEB完結申し込みの流れ

手順1:インターネットから申し込みをする

スマホ、パソコンなどからアイフル公式サイトにアクセスし、インターネット申し込みをします。

アイフルの審査可能な時間は、「9時~21時」になります。

審査にかかる時間は最短で30分ですが、アイフルの申込者数は2020年7月を境に増加傾向にあるので、審査に時間がかかることも予想されます。

即日融資を希望する場合は、余裕を持って19時ごろまでに申し込みを完了させておくことをおすすめします。

<参考>アイフルの申し込み件数と成約率

申し込み件数 成約率
2020年4月 33,066件 38.7%
2020年5月 19,155件 40.1%
2020年6月 18,591件 41.1%
2020年7月 25,752件 40.0%
2020年8月 31,095件 41.1%
2020年9月 37,487件 41.0%
2020年10月 41,518件 41.5%
2020年11月 41,627件 41.7%

参考:アイフル月次推移/AIFUL Monthly Data (2020/4~2021/3)

手順2:アイフルの審査

アイフルの審査が行われます。なるべく早く審査をして欲しい場合は、申し込みが完了した後にアイフルに電話をかけて急いでいることを伝えてください。
この電話をかけることで優先して審査を行ってもらえます。

0120-337-137
受付時間:9:00~21:00

手順3:審査結果の連絡

電話またはメールの希望した方法で、アイフルカラ審査結果の連絡があります。

手順4:必要書類の提出と契約手続き

アイフルから届くメールに契約手続き方法が記載されているので、案内にしたがって契約を行います。

この時に、ローンカード発行の有無を選択することができますので、郵便物を避けたい場合は、ここで必ず「カードレス」を選択してください。

カード発行を希望した場合、郵送で受け取るか無人契約機に作成しに行くことになり、カードレス契約はできません。

WEB完結の返済方法は口座振替になるので、返済用口座の設定もここで行います。
本人確認書類などの必要書類の提出も案内に従って行います。

手順5:融資を受ける

アイフルWEB完結による借り入れ方法は、
・セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATM
・口座振込
のいずれかになります。

アイフル「WEB完結」の必要書類と提出方法について

アイフル「WEB完結」の必要書類は「本人確認書類」となっており、場合によっては「収入証明書」が必要となることもあります。

本人確認書類

アイフルのWEB完結では、「銀行口座で本人確認」と「スマホでかんたん本人確認」のいずれかの方法で本人確認ができるのですが、必要書類は選択する本人確認方法によって異なります。

銀行口座で本人確認

カードレス契約をする場合は口座引き落とし返済に利用する返済用口座を登録することになるのですが、この銀行口座で本人確認を行うことができます。

銀行口座を作成する際に必ず本人確認が行われるので、銀行口座そのものが本人確認となるのです。

そのため「銀行口座で本人確認」をする場合は必要な書類はありませんので、運転免許証などの本人確認書類は不要です。

▼「銀行口座で本人確認」の流れ

手順1:本人確認手続きの際に「銀行口座で本人確認」を選択して希望の金融機関を選択します

手順2:口座情報を入力します

手順3:登録結果がOKなら振替口座の登録と本人確認が完了となります

アイフルのスマホでかんたん本人確認

こちらは本人確認書類を使った確認方法です。本人確認書類、顔写真、動作を撮影して、アイフルスマホアプリからアップロード送信することで本人確認を行います。

▼「スマホでかんたん本人確認」の本人確認書類
・運転免許証(運転履歴証明書)
免許証の交付を受けていない場合は以下を用意します。
・個人番号カード(表のみ)
・在留カード
・特別永住者証明証
・住民基本台帳カード
▼「スマホでかんたん本人確認」の流れ
手順1:スマホで本人確認書類を撮影します

手順2:案内どおりに顔写真と体の動きを撮影します

手順3:写真と動画をスマホアプリからアップロードします

なお、本人確認書類に記載された住所と現住所が異なる場合は、以下の補完資料も1点提出することになります。

・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHKなど)
・住民票の写し
など

収入証明書

収入証明書は、アイフルから提出を求められた場合に用意すれば大丈夫です。

▼収入証明書
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書(直近2ヵ月分)
※賞与証明書もあれば1年分用意しましょう
・確定申告書
・所得証明書

基本的には、以下に該当する場合に収入証明書の提出を求められることになります。

・アイフルから50万円以上の借り入れを希望するとき
・他社からの借り入れ額とアイフル希望額の合計が100万円を超える時

アイフル「WEB完結」の審査では在籍確認を行うの?

アイフルでは、以前は他社と同じように電話で在籍確認を行っていたのですが、現在は基本的に電話在籍確認を行っていません。

以前から「電話在籍確認は困る・・・」という人に対して社会保険証などの書類で在籍確認を行ってくれていたのですが、現在はさらに柔軟になって電話在籍確認を省略しているんです。

本当に電話在籍確認を行っていないのか、在籍確認の代用となる書類は必要なのかをアイフルに直接問い合わせてみたところ、「在籍確認を一切行わずに契約することが可能で、必要な時には書類を提出してもらうこともある」とのことでした。

勤務先に電話がかかってくることなくカードローン契約ができるのは本当に助かりますね!

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフル「WEB完結」の借り入れ方法

WEB完結の借り方は、
・スマホATM
・振込融資
の2とおりになります。

スマホATM取引で借り入れ

スマホATM取引は、アイフルのスマホアプリを使ってATMを操作して借り入れ・返済ができるサービスです。

スマホにアイフルアプリをインストールしておけば、24時間いつでもセブン銀行ATMとローソン銀行ATMを利用できます。

▼スマホATMで借り入れをする流れ

手順1:スマホアプリにログインしておきます。

手順2:スマホアプリの「スマホATMで融資」をタップします。
※ここで「スマホATMで返済」を選択すると、返済手続きができます。

手順3:ATM画面で「スマートフォンでの取引」を選択します。

手順4:ATM画面にQRコードが表示されて、「お取引会社のスマホアプリでQRコードを読取り 次へ を押してください」と案内があります。

手順5:手順4のQRコードをスマホアプリで読み取ると、企業番号が表示されます。スマホを使った操作はこれで終了です。

手順6:ATM画面に、手順5で表示された企業番号を入力します。

手順7:ここからは通常のATM操作と同じです。暗証番号の入力を求められるのでATM画面に暗証番号を入力します。

手順8:借りたい金額を入力して「確認」を選択すると、現金が出てきます。
利用明細書も発行されるので受け取りましょう。

スマホATMは利用手数料がかかります

アイフルのスマホATM取引による借り入れ・返済には利用手数料がかかりますので覚えておきましょう。

取引金額 10,000円未満 10,000円超
借り入れ時の手数料 110円 220円
返済時の手数料 110円 220円

 

スマホATM取引が利用できるATMはセブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみになり、手数料無料で利用できるアイフルATMを使うことはできません。

アイフルATMも使いたい場合はローンカードの発行が必要になりますので、最初からローンカードありで契約をするか、カードレス契約をして後からカードを発行する必要があります。

後日ローンカードを発行する場合も、アイフルの無人契約機または郵送で発行でき、発行手数料もかかりません。

振込融資で借り入れ

振込融資は、返済用口座として登録した金融機関口座にアイフルから入金してもらう方法です。

振込手数料は無料なので、「WEB完結+カードレス契約」で唯一、手数料をかけずに借り入れができる方法になります。

振込依頼はアイフルのマイページ(インターネット・スマホアプリ)、電話で行うことができます。

振込は三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行などの全国の1,200の金融機関で、最短10秒で振込手続きを行ってもらえます。(メンテナンス時間を除く)

24時間365日対応可能なので、契約が完了した直後から早朝・深夜でも振込をしてもらうことができます。

振込依頼をしたら最短10秒で入金してもらえるので、もちろん即日融資にも対応してもらえますよ。

なお24時間振込に対応していない金融機関に振込をする場合は、「平日8:30~15:30」が振込融資可能な時間帯になります。

平日でも時間外であったり、土日祝日は振込融資で借りることはできませんので、即日融資希望の場合は、セブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMから借りると良いでしょう。

振込名義人は「アイフル」になるの?

アイフルの振込名義は「アイフル(株)」または「AIセンター」から選択することができます。

振込融資を利用した場合、自分の銀行口座にアイフルから入金があった記録が残ることになります。

振込名義が「アイフル(株)」になってしまうと、誰かに通帳やインターネットで取引履歴を見られた際にアイフルを利用していることがすぐにわかってしまいます。

即バレを防ぐために「AIセンター」を選択しておくと良いでしょう。

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフル「WEB完結」の返済方法

WEB完結+カードレスで契約をした場合、返済方法は口座振替になります。

口座振替は手数料がかからず、返済の手間もかかりません。

毎月自動的にアイフルに返済が行われるので、預金口座に約定返済額以上の入金があれば延滞することはありません。

引き落としの名義は「アイフル」になるの?

口座振替で返済をする場合、口座の取引記録にアイフルから引き落としが行われた履歴も残ることになります。

ただ、アイフルの名称が載ることはありません。

引き落としはSMBCファイナンスサービス(株)を通して行われるので、引き落し名は「SMBCファイナンスサ」または「SMBCファイナンス自払」または「ライフカード(カ」になります。

銀行口座を介した借り入れ・返済でも、「アイフル」の名称を残さずに取引を行うことが可能ですのでその点は安心してください。

口座振替の引き落とし日は?

口座振替の引き落とし日(返済日)は、「毎月3日・26日・27日・28日」から選択します。

例えば3日を選択した場合は、毎月3日(土日祝日は翌営業日)に約定返済額が引き落とされることになります。

引き落とし金額と引き落とし日は、アイフルのマイページで常に確認できますよ。

WEB完結でも郵便物が届くケース・電話がかかってくるケース

WEB完結でも郵便物が届くケース

アイフルにWEB完結で申し込みをした場合でも、郵便物が送られてくる場合があります。

それは延滞をしてしまった時です。

返済が遅れると、まずはアイフルからSMSや電話で連絡があります。

この連絡を無視し続けたり延滞が解消されない場合は、ハガキで督促状が届くことになるのです。

督促状は滞納が解消されるまで届くことになります。延滞が続いている状態で止めてもらうことはできませんので、くれぐれも返済は遅れないようにしましょう。

WEB完結でも電話がかかってくるケース

アイフルのWEB完結で申し込みをした場合でも、確認事項があれば電話がかかってくることがあります。

例えば、インターネットからの申し込みで不備があった場合などです。

また、個人事業主やフリーランスの方などは、特に不備がなくても電話で申し込み内容の確認連絡が行われることがあるようです。

また延滞してしまった場合もアイフルから電話連絡があります。

アイフルも、利用者が電話や郵便物を避けたいことは重々承知しているので、基本的に契約時と延滞時以外に電話がかかってきたり郵便物が送られてくることはありません。

アイフル「WEB完結」のまとめ

アイフル「WEB完結」は、申し込み・審査・契約が全てインターネットからできて、最短即日融資も可能です。

とても便利なサービスなのですがデメリットもありますので、再度アイフルWEB完結のメリット・デメリットをまとめます。

▼アイフル「WEB完結」のメリット
・インターネットのみで申し込みから契約手続きまで完了する
・ローンカード発行なしのカードレス契約も可能
・カードレスなら郵便物が一切ありません
・借り入れはセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMで原則24時間可能
・最短即日融資が可能
・家族バレしにくい!
▼アイフル「WEB完結」のデメリット
・利用できるATMがセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMに限られます
・ATMからの借り入れにはATM利用手数料がかかる
・返済方法は口座振替になります
・繰上げ返済に手数料がかかります

アイフルのWEB完結は、「郵便物が送られてこない」、「インターネットだけで契約が完結する」など申し込み時のメリットは大きいのですが、「手数料無料のアイフルATMが使えない」、「返済方法が口座振替になる」など、利便性の面で通常のインターネット申し込みよりも劣る部分があります。

特に気になるのが手数料無料で利用できるアイフルATMが使えないことから、繰上げ返済には必ず手数料がかかってしまうことです。

口座振替で引き落とされる金額は約定返済額のみなので、追加返済をしないと完済までに非常に時間がかかることになります。

正直なところ、アイフルを利用するならローンカードがあったほうが便利です。

カードレス契約をした場合でも後からローンカードを発行した方が、借りやすく返しやすいカードローンになります。

アイフルに積極的に繰上げ返済を行うためにも、後日ローンカードを発行するか、カードレスではないインターネット申し込みも検討してみると良いでしょう。

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 


 
 
 

PAGETOP