アコムの働く女性のカードローン(レディース)とは?

アコムの「働く女性のカードローン」は、女性専用のレディースローンになります。

ここでは、アコム「働く女性のカードローン」の特徴や、女性に優しい理由、申し込み方法、借り入れ・返済方法、在籍確認など、初めてアコムを検討している女性にもわかりやすいように解説しています。

アコムの「働く女性のカードローン」の良いところだけでなく、公式サイトには書かれていない注意点も公開しているのでぜひご覧になってみてくださいね。

なお、アコムの「働く女性のカードローン」は女性向けのカードローンではありますが、専業主婦の方は申し込み不可となっており、その名のとおり働いている女性向けの商品となります。


もくじ

アコム「働く女性のカードローン」の商品概要

貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
資金使徒 自由
融資額 1万円~800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延損害金(年率) 20.0%
担保・連帯保証人 不要

 

アコム「働く女性のカードローン」は、女性専用のカードローンです。

正社員、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなどの働き方にかかわらず、20歳以上で安定した収入と返済能力があればどなたでも申し込み可能となっています。

アコム「働く女性のカードローン」が女性に選ばれる理由

アコム「働く女性のカードローン」は、これまでにのべ250万人の女性に利用されています。

「働く女性のカードローン」の特徴と、女性が安心できる理由を5つ解説します。

理由1:30日間無利息サービスにも対応!

初めてアコムを利用する人は、30日間無利息サービスが適用されます。

無利息となる期間は「契約の翌日から30日間」です。

この期間は利息がつかないので、返済した金額は全て元金の返済に充当されることになります。

消費者金融が無利息サービスをやっていることを逆に不安に感じるかもしれませんが、アコムの30日間無利息サービスは利用客を増やすための戦略的なサービスになります。

そのため、お金を借りる側にとってのデメリットはありません。

実際に、借りたお金を無利息期間中に全額返済して利息が0円だった人もたくさんいますので、上手に活用していきましょう。

⇒アコムの金利・無利息サービスについて

理由2:審査時間は最短30分

急にお金が必要になって、次のお給料日まで待てないということもあるかもしれません。

アコム「働く女性のカードローン」の審査にかかる時間は最短30分ですので、申し込みをしたその日のうちにお金を借りる即日融資にもしっかり対応しています。

例えば、お給料日の1週間前に必要な金額だけを借りて、お給料日が来たらすぐに全額返済をすれば無利息期間中に完済できるので利息なしで借りることができますよ。

⇒アコムは即日融資可能?申し込み当日に借入する方法

理由3:クレジットカード機能もつけられる

これは他の大手消費者金融では行なっていないアコムだけの特徴になるのですが、アコムのカードローンにはクレジット機能をつけることもできます。

アコムは「アコムACマスターカード」というクレジットカードも発行していて、このカード1枚でクレジットカード機能とカードローン機能を利用できるようになっているんです。

クレジットカードをパッと見ただけでは消費者金融のローンカードとは思えないシンプルなデザインなので、ローンカードからアコムを利用していることがバレたくない人も安心できると思います。

ただ、アコムACマスターカードは一般的なクレジットカードとは違ったクセがあるクレカなので、使い方には注意も必要です。

みんなにとってメリットになるわけではないのですが、クレジット機能のついたカードローン発行を行なっている大手消費者金融はアコムだけですので必要な場合は検討してみてください。

⇒アコム発行の「ACマスターカード」の特徴

理由4:女性専用ダイヤルがあるから安心

▼アコム「働く女性のカードローン」の問い合わせ・申し込み電話番号
0120-39-9197

「働く女性のカードローン」の電話対応を行うオペレーターは女性です。この女性専用ダイヤルがあることが「働く女性のカードローン」のいちばん大きな特徴になります。

男性にはちょっと話しにくい女性のお金の悩みを、アコムの女性スタッフが丁寧に聞き取ってくれるので相談しやすいですよ。

※混雑時と夜間は男性スタッフが対応することもあります。

理由5:来店せずに借り入れ・返済ができる!

アコム「働く女性のカードローン」はスマホやパソコンから借り入れ・返済ができます。

仕事のお昼休みの間にスマホで借り入れ手続きをすることもできますし、返済も手数料無料のインターネット返済が利用できます。

すぐに現金が必要な場合は、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・E.netなどのコンビニATMから借り入れ・返済も可能です。

アコム「働く女性のカードローン」には利用方法がたくさん用意されているので、借りやすくて返しやすいカードローンと言えるでしょう。

アコム「働く女性のカードローン」と通常のカードローンの違いは?

アコム「働く女性のカードローン」は女性専用のカードローンですが、アコムの普通のカードローンとのいちばん大きな違いは、女性オペレーターが対応する女性専用ダイヤルが用意されているところです。

審査申し込みをする前に確認しておきたいことや相談事があるときに、女性スタッフが親身になって話を聞いてくれたら安心できるのではないでしょうか。

女性目線でのサポートを行なってくれるところが「働く女性のカードローン」の最も大きな特徴になります。

金利や審査での優遇はありません

「働く女性のカードローン」の金利と限度額はアコムの普通のカードローンと同じで、女性だから金利が低くなるといった特典はありません。

また、審査でも女性だからという理由で優遇されることもありません。

限度額と金利は返済能力に応じて設定されるので、カードローンしてのスペックはアコムの通常のカードローンと全く同じになると思っておきましょう。

⇒アコムの申込方法・借り方・借入方法まとめ

アコム「働く女性のカードローン」の審査について

アコム「働く女性のカードローン」の審査は最短30分で結果が出ますので、申し込みをしてから何日も不安なまま待たされるということはありません。

混雑具合によっては審査に時間がかかってしまうこともありますが、アコム側もより多くの人に利用して欲しいと考えているので、なるべくスピーディに審査を行なってくれるはずです。

審査を行なってもらえる時間帯は「9:00~21:00」になりますので、午前中など早い時間に申し込みを完了させておけばかなり余裕を持って即日融資を受けることができます。

急いでお金を借りたい場合はなるべく早い時間、または前日夜に申し込みをしておく良いでしょう。

「働く女性のカードローン」の審査に落ちる原因は?

アコムは決して審査難易度が高いカードローンではありませんが、最新の審査通過率(※1)は41.3%となっていますので、申し込みをした約6割の方が審査落ちしていることになっています。

※1)2021年1月の新規貸付率

アコム「働く女性のカードローン」の審査に落ちてしまう原因を確認しておきましょう。

ブラックリスト入りしている。信用情報に問題がある

ブラックリスト入りしていたり、信用情報に問題あるとアコム審査に通ることはできません。

ブラックリスト、信用情報ってなに??

ブラックリストや信用情報について簡単に解説します。

まず、私たちがクレジットカードや各種ローン、カードローンなどを利用した記録は「信用情報機関」というところで一定期間記録が残ることになります。

例えばクレジットカードであれば申し込みの記録、利用残高、返済状況、延滞の記録などが残ります。

普通に利用していればなんの問題もないのですが、
・延滞をした
・返済不能となり延滞が長期化して、保証会社による返済が行われた(代位弁済)
・返済ができなかったためにクレジットカードを強制解約された
・債務整理を行なった
など、ネガティブな情報があると、アコムの審査は厳しくなってしまいます。

ちなみに、これらの信用情報のことは「クレヒス」と呼ばれることもあります。

よく「延滞をするとブラックリストになる」と言われるのですが、ブラックリストという一覧表が信用情報機関に存在するわけではなく、信用情報に「異動情報」や「事故情報」が載っている状態を一般的にブラックリストと呼んでいます。

異動情報(事故情報)が載る理由は、クレジットカードやローンの利用方法に問題があった時になります。わかりやすいですよね。

ただ、クレジットカードの返済を1日~数日程度遅れたことで、ブラックリスト入りすることはありません。

1ヶ月以上延滞すると、「延滞」という記録は残るのですが、それでもまだブラックリストではありません。

カード会社の判断にもよりますが、一般的には2ヶ月以上延滞するとブラックリスト入りすると言われています。

また、長期延滞はしなくても短期間の延滞を何度も繰り返すことでもブラックリスト入りすることがあります。

ブラックリストの人は要注意人物になる

ブラックリストの人は、過去に金融機関と何らかのトラブルを起こした人ということになるので、当然ながらアコムの審査も慎重に行われることとなり、審査落ちする可能性が非常に高くなるのです。

収入が不安定である

アコム「働く女性のカードローン」に申し込みができる人は、「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっているので、収入が不安定な方は審査に通ることができません。

期間限定や単発の派遣として働いている女性、短期アルバイトをしているなど、収入に安定性がない人は審査に通る可能性が低くなってしまいます。

ただし、週に3回ペースでパートをしているなど、勤務日数が少ない場合は問題ありません。

⇒アコムはアルバイト・パートでも審査に通る?

働く日数は少なくても働き方としては安定していますし、毎月1回のお給料日にはほぼ一定のお給料をもらえることになります。

こういった場合は、他に審査落ちするような要素がなければ返済能力に見合った限度額を設定してもらえることになります。

他社借り入れ件数・金額が多い

あくまでも目安ですが、すでに4~5社程度の借り入れがあると、他のカードローン審査には通らないと言われています。

4社の借り入れがある人はすでに多重債務者なので、新たな貸付を行なっても返済が滞る可能性も非常に高いです。こういった人が新規融資を受けることは難しいでしょう。

また、カードローンで借りることができる金額は、貸金業法という法律の「総量規制」によって年収の3分の1以下と決められています。

年収240万円の女性であれば、アコムを含む貸金業者から借りられる金額の合計が80万円になります。

そのため、すでに他社から80万円借りている場合はアコムから新規融資を受けることができないので審査に落ちることになります。

申し込みブラックになっている

申し込みブラックは、カードローンやクレジットカードに、短期間にたくさんの申し込みを行なったことが原因で、審査に通りにくくなっている状態です。

カードローンに申し込みをした情報も信用情報に記録されます。記録が残る期間は6ヶ月間です。

仮に1ヶ月の間にカードローン3社に申し込みをして、4社目にアコム審査を受けたとします。アコムはこの1ヶ月の間に他社に3社も申し込みをしていることがわかるので、「この人はどうして3社も申し込みをしてるんだろう?そんなにお金に困っているなら返済が心配だから、今回は見送ろう」と判断することになります。
これが申し込みブラックによって審査落ちしてしまう原因です。

目安では1ヶ月の間に3社以上申し込みをすると、申し込みブラックになりやすいと言われています。

心当たりがある場合は、6ヶ月間はどこにも申し込みをしないで申し込みブラック状態が解除されるのを待つと良いでしょう。

アコム「働く女性のカードローン」の申し込み方法

「働く女性のカードローン」の申し込み方法は、
・インターネット
・電話
・店頭窓口、自動契約機(むじんくん)
・郵送

がありますが、最も多く選ばれている申し込み方法はインターネットです。

パソコンでもスマホでも24時間いつでも申し込み可能ですし、来店不要で契約まで行うこともできますよ。

ここでは「働く女性のカードローン」のインターネット申し込み方法を見ていきましょう。

「働く女性のカードローン」インターネット申し込みの流れ

手順1:アコム公式サイトから申し込み手続きを行います。
働く女性のカードローンは、パソコンやスマホから24時間いつでも申し込み可能です。不明点や聞いておきたいことがあったら女性専用ダイヤル(0120-39-9197)で確認しておきましょう。

手順2:審査と本人確認書類の提出。
働く女性のカードローンの申し込みが完了したら審査が行われます。審査では勤務先への在籍確認も実施されます。また、本人確認書類の提出方法について記載されたメールが届きますので、案内に従って書類を提出しましょう。

手順3:審査結果のお知らせ。
最短30分で審査結果のお知らせがあります。「契約手続きのお願い」というメールが届くので、確認して同意すると契約が完了します。

手順4:ローンカードの受け取り。
ATMで利用するローンカードを受け取ります。受け取り方法は「自動契約機(むじんくん)」または「郵送」になります。自宅にアコムからの郵便物が届くと困る場合は、必ず自動契約機(むじんくん)で発行するようにしてください。

⇒アコムの自動契約機(むじんくん)の申込方法・使い方

アコム「働く女性のカードローン」の必要書類

アコム必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」になります。

本人確認書類 ・運転免許証(表・裏)
・健康保険証(表・裏)
・パスポート(写真・住所記載部分)
・マイナンバーカード(表面のみ)
収入証明書 ・源泉徴収票
・給与明細書
・市民税・県民税学決定通知書
・所得証明書
・確定申告書、青色申告書、収支内訳書

 

本人確認書類の注意点

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合や、書類の提出方法によっては、公共料金の領収書などの補完書類が必要になる場合があります。

収入証明書の注意点

収入証明書は「アコムから50万円以上の融資を希望するとき」と「他社からの借り入れ額とアコムへの希望額の合計が100万円を超えるとき」に必要となります。

アコム「働く女性のカードローン」の在籍確認

在籍確認とは、申し込みの際に申請した勤務先に実際に勤めていることを確認することで、アコムの審査項目のひとつになります。

在籍確認をクリアできないと「働く女性のカードローン」の審査に通ることはできません。

アコムの在籍確認は、基本的に「勤務先への電話」で行われるので、アコム審査担当者が勤務先の電話番号に実際に電話をかけてくることになります。

といっても、電話は個人名でかかってくるのでアコムの社名が名乗られることは絶対にありません。

▼在籍確認の電話の例

アコムの田中さん「田中(アコム担当者名)と申しますが、△△さん(あなたの苗字)はいらっしゃいますか?」

あなた「私です」

アコムの田中さん「△△□□さん(あなたのフルネーム)でしょうか?」

あなた「はい」

アコムの田中さん「失礼いたしました。私、アコム株式会社の田中でございます。勤務先のご確認お電話でした。こちらで確認ができましたので、審査の方を進めさせていただきます。ありがとうございました。」

あなた「よろしくお願いいたします」

自分が電話に出ることができればすぐに電話は終了しますが、もし他の人が出た場合でも「△△に代わりますので少々お待ちください」とか「△△は本日お休みをいただいております」などと伝えるだけでも在籍の確認ができるので、通過することができます。

在籍が確認できればOKなので、自分がお休みの日に申し込みをしても大丈夫です。

ただし、「△△というものはおりません」とか「△△の在籍については個人情報保護のためにお伝えすることができません」などと回答されてしまうと在籍が明らかにならないので通過できないことになります。

⇒アコムは内緒で借りられる?在籍確認は必須?

在籍確認の対策は?

普段の仕事状況から自分が電話に出られないことがよくある場合は特に対策は不要ですが、自分に電話がかかってくるのが明らかに不自然なときやは、電話に出そうな人に「クレジットカード会社から電話があるかもしれないので、よろしくお願いいたします。」と伝えておくことをおすすめします。

クレジットカードの在籍確認ということにしておけばそれ以上詮索されることもないでしょう。

また、在籍確認は自分が所属している勤務先に電話があるので、派遣や契約社員、出向してお仕事をしている場合は、自分が普段働いている現場にはかかってきません。

こういった場合も、所属している勤務先に一言伝えておいた方が安心でしょう。

勤務先の女性スタッフに怪しまれそう・・・

「女性が多い職場で働いていて、在籍確認の電話が変な噂になったら困る!」という人はたくさんいます。

こういったケースでは、「何の電話だったの?」と聞かれたらやはり「クレジットカードの在籍確認でした」と伝えると良いでしょう。

クレジットカードを持つことは今どき珍しいことではないですし、クレジットカード審査でも在籍確認が行われるので、怪しまれないための返答方法としてもっとも無難な回答となります。

ちなみに、カードローンやクレジットカード以外でも、自動車ローン、目的ローン、住宅ローンなどでも在籍確認は行われます。

在籍確認は決してカードローンだけの審査ではありませんので、安心してください。

勤務先に電話があると本当に困るときは?

勤務先に個人名で電話があるのが絶対に不自然なこともあるでしょうし、持ち場を離れて電話に出ると変な噂になってしまいそうで不安・・・という女性も多いと思います。

そういった場合は、「働く女性のカードローン」の女性専用ダイヤル(0120-39-9197)に電話をかけて相談してみてください。

⇒アコムは内緒で借りられる?在籍確認は必須?

アコム「働く女性のカードローン」の借り入れ方法

「働く女性のカードローン」の借り方は、大きく分けると「振込融資」と「ATM」になります。

⇒アコムの申込方法・借り方・借入方法まとめ

振込融資で借りる

振込融資は、自分の銀行口座にアコムからお金を振り込んでもらって融資を受ける方法です。

クレジットカード代金の引き落としに備えておきたい時などに便利ですね。

振込依頼はインターネットから24時間いつでもできますし、楽天銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行宛の振込なら、土日でもその日のうちに振り込んでもらうことができます。

特に便利なのが楽天銀行で、楽天銀行宛の振込は24時間いつでも最短1分で振込をしてもらえますので、早朝でも深夜でもすぐにお金を借りることができるんです。

また、振込融資はアコムとの契約が完了したらすぐに利用できるので、ローンカード受け取り前でも振込で借りることができますよ。

急いでいるときにも便利な借り入れ方法ですし、手数料もいつでも無料です!

参考:アコムとアイフル おすすめは?違いは?金利や審査難易度・融資スピードを比較

振込融資の注意点

振込融資は、振込先となる金融機関によって入金される時間が大きく異なります。

楽天銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行宛なら土日や平日の夜でも借り入れ可能ですが、それ以外の金融機関ですと振込対応の時間帯が短くなります。

「振込融資で申し込み当日中に借りたかったけど、時間外で借りられなかった・・・」ということにならないように、自分が使っている金融機関の振込可能時間を事前に確認しておくと安心です。

以下に金融機関ごとの振込実施時間の目安を記載していますのでチェックしてみてください。

⇒アコムの申込方法・借り方・借入方法まとめ

ATMから借りる

アコムのATMは、「アコムATM」と「提携ATM」があります。

アコムATMは手数料無料

アコムATMは24時間営業していて、手数料無料で使うことができます。借り入れも返済も手数料がかからないので、お近くの設置場所を確認しておくと良いでしょう。

ただ、アコムATMに出入りしているところを知り合いに見られたら、アコムからお金を借りていることがイッパツでわかってしまうので、そこだけ注意が必要ですね。

提携ATMは便利だけど手数料に注意

アコムの提携ATMはこちらです。

・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・イーネット
・ローソン銀行ATM
・イオン銀行
・北海道銀行
・北陸銀行
・東京スター銀行
・八十二銀行
・第三銀行
・広島銀行
・西日本シティ銀行
・福岡銀行
・十八親和銀行
・熊本銀行
・クレディセゾン

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどの全国のコンビニATMと提携しています。

種類も数も豊富なので、アコムATMよりも身近にあると思うのですが、コンビニATMを含む提携ATMの利用には必ず手数料がかかってしまうところに注意してください。

▼提携ATMの利用手数料?

取引金額 手数料
10,000円以下 110円
10,000円以上 220円

 

手数料の支払いは返済時に行われるので手数料分の現金を用意していく必要はないのですが、アコムATMや振込融資ならそもそも不要な出費となるものですので、もったいないようにも感じます。

提携ATMの利用は緊急時のみにしておくと良さそうですね。

アコム「働く女性のカードローン」の返済方法

アコム「働く女性のカードローン」の返済方法は以下から選択することができます。

▼アコムの返済方法

返済方法 手数料はかかる? 1.インターネット 無料 2.アコムATM 無料 3.口座振替(自動引き落とし) 無料 4.提携ATM 有料(110円または220円) 5.振込 有料(利用する金融機関で異なります) 6.店頭窓口 無料

 

返済は毎月必ず行うことなので、手数料をかけずに返済できる方法を選択するようにしましょう。

口座振替なら毎月自動的に自分の銀行口座から引き落としされるので返済の手間もかかりません。延滞を防ぐためにも有効な方法となります。

ただ、口座振替は返済日が「毎月6日(金融機関休業日は翌営業日)」に固定されるので、毎月10日がお給料日の方などは返済しにくいかもしれませんね。

口座振替以外の返済方法であれば、約定返済日は自分が返済しやすい日を選ぶことができます。

25日がお給料日であれば、毎月27日を返済日にしておけば余裕を持って返済できそうですね。

この場合の返済方法は、インターネット返済が便利です。

スマホやパソコンから24時間いつでも家にいながら即時返済ができますし、手数料も無料です。

どこにも行かずに返済したい方や家族に内緒で返済したい方にもおすすめの方法です。

⇒アコムの返済方法・月々返済額・返済日(引き落とし日)は?一括返済も可能?

インターネット返済の注意点

とても便利なインターネット返済ですが、実際の返済は自分の金融機関口座を介して行われることになるので、口座にアコムとの取引履歴が残ることになります。

「アコム」の名称ではなく「PEDfacネットフリコミ」として記録されるので、家族に通帳を見られてもすぐにアコム返済とバレることはありませんが、気になる場合はアコムATMからの返済が安心でしょう。

アコム「働く女性のカードローン」の返済シミュレーション

カードローンに申し込みをするときというのは、まずは審査に通るかどうかで頭がいっぱいになりがちですが、本当に考えないといけないのは借りたお金の返済についてです。
ここでは、アコム「働く女性のカードローン」の返済シミュレーションを行いますので、返済計画にお役立てください。

アコムの返済額はどうやって決まるの?

カードローンの毎月の返済額は、「約定返済額」とか「最低返済額」と呼ばれています。

アコムの約定返済額は審査によって設定された限度額によって設定されている「一定の割合」と「最終借入時の借り入れ残高」の2つで決まります。

ややこしいのですが、「一定の割合」に「最終借入時の借り入れ残高」をかけた金額の、千円未満を切り上げた金額がその月の約定返済額になるんです。

▼一定の割合

契約限度額 一定の割合
30万円以下 4.2%
30万円超~100万円 3.0%
100万円超 1.5%~3.0%

 
例)限度額が20万円で10万円借りた場合の返済額
10万円×4.2%=4,200円
千円未満は切り上げになるため約定返済額は「5,000円」になります。

同じように計算していくと、限度額が30万円以下の場合の約定返済額はこちらになります。

借入残高 約定返済額
10万円 5,000円
20万円 9,000円
30万円 13,000円

 

以下は、約定返済額だけで完済した場合の返済シミュレーションです。

借入金額 10万円 20万円 30万円
約定返済額 5,000円 9,000円 13,000円
返済期間 2年 2年4ヶ月 2年5ヶ月
返済回数 24回 28回 29回
返済総額 119,772円 245,093円 370,993円
支払う利息 19,772円 45,093円 70,993円

 

いかがでしょうか?

10万円を借りて、約定返済額だけで完済を目指した場合、最低でも2年はかかることになります。

この間にまたお金が足りなくなって追加融資を受けてしまうとさらに返済期間が伸びますし、約定返済額が上がることもあります。

追加返済も活用しよう!

支払う利息をできるだけ減らすには、返済期間を短くすることがとても重要です。

上のケースでは10万円を完済するのに2年かかっていますが、毎月2,000円の追加返済をして合計7,000円返済できれば、返済回数は17回、利息は6,388円も減らすことができます。

お給料日の夜には必ずインターネット返済で追加返済をすると決めておくなど積極的に追加返済も行なって早期完済を目指すようにしましょう。

アコム「働く女性のカードローン」のまとめ

「働く女性のカードローン」の大きな特徴は、女性専用ダイヤルがあって相談しやすいというところで、金利や待遇は通常カードローンと同じです。

しかし、初めてお金を借りる場合はやはり同性に相談できた方が安心なのではないでしょうか。

いくらアコムスタッフであっても、「夫にどうしても知られたくないんです」という切実な悩みを男性に伝えるのも気が引けるものです。

こういったときに女性オペレーターに「皆様、ご事情もおありですし、お気になさらないでください」とやさしい声をかけてもらえると、やはり安心できますよ。

筆者もアコムに何度も問い合わせの電話をしていますが、対応してくれる女性オペレーターさんは丁寧な方が多く、最後まで相談内容を聞いた上で適切な回答をしてくれます。

問い合わせをしてきた利用者をきちんと「顧客」として扱ってくださるので、お金を貸す側として上から目線的な対応をされたと感じることはありません。

安易にお金を借りることはオススメしませんが、「働く女性のカードローン」は、本当に必要な時には頼りになるはずですよ!


 
 
 

PAGETOP