プロミス

プロミスカードローンの金利や限度額、借り方、返済方法、即日融資・審査申込方法や、プロミスのアプリローンの特徴、WEB完結、口コミ・評判、プロミスに関する情報を徹底解説しています。

もくじ

プロミスの基本情報





 
限度額500万円まで
実質年率年4.5%~17.8%
遅延利率20.0%(実質年率)
申し込み条件年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入がある方
無利息期間初回借入の翌日から30日間
即日融資可能
女性向け商品は?女性専用ダイヤルの「レディースキャッシング」があります
返済方式残高スライド元利定額返済方式
返済期間最終借入後原則最長6年9ヶ月(1~80回)
返済日5日、15日、25日、末日から選択可能です。※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行以外の金融機関から口座振替で返済する場合の返済期日は毎月5日となります。
 

 
↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可


そもそもプロミスって便利なの?


アコム、SMBCモビット、アイフル、レイクALSAなど大手消費者金融はいくつかありますが、その中でプロミスをおすすめできる理由をピックアップしてみました。


プロミスには即日融資できる方法が多い


カードローンの利用を検討している人の中には、今日中にお金を借りなければいけないくらい急いでいる人もいます。

プロミスなら初めて申し込みをする人でも、土日でも、即日融資でお金を借りることができます。

プロミスのスマホアプリならどこにいても申し込みをすることができますし、ATMからのキャッシングでも振込キャッシングでも即日融資ができますよ。


⇒プロミスは即日融資可能?土日でも当日に借りられる?



プロミスは土曜日・日曜日・祝日でも即日審査・融資が可能


プロミスは土日祝日の即日融資にも対応しています。

「週末に急にお金が必要になった!」「週末に出かけるのにお給料日前でお金がない!」というタイミングは誰にでもあるものです。

そんな時でも、プロミスなら申し込みをしたその日に借り入れをすることができます。

プロミスと契約をしたらコンビニATMからお金を借りることもできるので、全国どこからでも借り入れ可能です。

 
↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスは「WEB完結」対応!申し込みから借り入れまでが早い!


プロミスはWEB完結に対応しています。WEB完結では郵便物が送られてくることがないので、お金を借りることを同居している家族に内緒にしておきたい人にも便利です。

プロミスのWEB完結の申し込みではローンカードが発行されません。

ローンカードがないということはATMからの借り入れができないの?と思われるかもしれませんが、セブン銀行ATMとローソンATMなら「スマホATM」機能でATMから現金を借りることができます。

プロミスのWEB完結なら、口座にお金を振り込んでほしい時も手元に現金が必要な時も、どちらでも即日融資で借り入れをすることができます。


⇒プロミスのWEB完結はカード・郵便物なしでOK



自動契約機でローンカードを受け取れば郵便物ナシ


街中で、プロミスの看板の自動契約機を見たことがある人は多いと思います。プロミスの自動契約機は今でも活躍しているんですよ!

「せっかくWEB完結で申し込みができるのに、自動契約機に行くなんて面倒!」と思われるかもしれませんが、インターネットで申し込んで審査に通ってから自動契約機で契約をすれば、スピーディにローンカードを受け取ることができます。

プロミスのローンカードは後日郵便受け取ることもできるのですが、郵便物を避けたい場合は自動契約機に取りに行く方が安全です。

「ローンカードがあった方が便利だけど、自宅に郵送されてくるのはちょっと・・・」という方は、お近くのプロミス自動契約機で発行することをおすすめします。


プロミスは初回借入の翌日から30日間無利息


プロミスには30日間の無利息期間があります。

初めてプロミスに申し込みをする人で、「WEB明細を利用する」「メールアドレスを登録する」という簡単な条件を満たすだけで30日間無利息サービスが適用されるんです。

アコム・アイフル・レイクALSAにも無利息期間があるのですが、この3社は「契約日の翌日から30日間」が無利息期間になり、お金を借りていなくても無利息期間が自動的に始まってしまうので、無駄になってしまうこともあるんです。

一方、プロミスは「初回借入日の翌日から30日間」が無利息期間になっており、初回申し込みからお金を借るまでは無利息期間がスタートすることがないので、貴重な30日間をしっかり使い切ることできて無駄がありません。


⇒プロミスの30日間無利息は本当にお得?デメリットは?利用条件などを解説


プロミスなら無利息期間を簡単に延長できる!


プロミスにはポイントサービスがあり、ポイントを貯めることで無利息期間を獲得することができます。

ポイントが付与されるのは、以下のタイミングになります。

対象サービス獲得ポイント
プロミスポイントサービスに申し込む(初回のみ)100ポイント
プロミスインターネット会員サービスにログインする
(毎月初回ログイン時のみ)
10ポイント
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」を確認する5~20ポイント
収入証明書を提出する160ポイント
返済日お知らせメールサービスを利用する
(毎月月末にサービスを利用していたら付与されます)
1ポイント
取引確認メールサービスを利用する
(毎月月末にサービスを利用していたら付与されます)
1ポイント
プロミスのホームページで書面(Web明細)を受取る
(毎月月末にサービスを利用していたら付与されます)
1ポイント
 
無料期間をもらうための必要ポイントは、獲得できる無利息期間によって異なります。

必要ポイント無利息期間
250ポイント7日間
400ポイント15日間
700ポイント30日間
 
プロミスポイントサービスに申し込んだら100ポイント、収入証明書を提出したら160ポイントなので、これだけで7日間の無利息期間を獲得できます。

ポイントシステムはプロミスの独自サービスなので、ぜひ貯めてみてください。

プロミスのメリットがわかったところで、早速申し込み方法・借入方法(借り方)をご紹介します。

 
↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスの審査申し込み条件


プロミスの利用条件・申し込み条件


プロミスには申し込み条件がありますので、まずは自分が該当していることを確認してください。

▼プロミス申し込み条件
年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入がある方


プロミスの申し込み条件は申し込み時の年齢が20歳~69歳で、本人に安定した収入があることというだけです。

主婦・学生・パート・アルバイトの方など、働き方に関わらず安定した収入があればどなたでもお金を借りることが可能なんです。

プロミスに申し込みができない人は、20歳以下の学生、アルバイト収入がない学生、本人に収入がない専業主婦などです。

申し込み条件と言われると難しいイメージがあるかもしれませんが、プロミスの申し込み条件は本当にこの2つだけなのでシンプルですね。


安定した収入ってどういうこと?


安定した収入と言われると正社員や公務員じゃないとダメなの?と思うかもしれませんが、プロミスの場合はそんなことはありません。

パート・アルバイト、派遣社員、契約社員の方などでも、毎月安定したお給料をもらっていればプロミスに申し込むことができるんです。

重要なのは所得の高さではなく、毎月安定してお給料を受け取っていることです。


逆に、正社員として働いている人でも転職したばかりであったり、勤続年数が極端に短い方は審査に通りにくいことがあります。

また、自営業の方などの収入が不規則な方や、水商売で月収が安定しない方、短期アルバイトの方、日雇いで働いている方などは収入があってもプロミスの審査に通らないこともあります(もちろん審査に通る場合もあります)。


⇒アルバイト・パート・派遣社員でもプロミスから借入可能?


プロミスの申し込み方法


プロミスの申し込み方法は4種類用意されていて、利用者それぞれが自分にとって最適な方法で申し込むことができるようになっています。

▼プロミスの申し込み方法は?
・インターネットで申し込む
・電話「プロミスコール」で申し込む
・郵送で申し込む
・自動契約機・サービスプラザ(店頭窓口)で申し込む


どの申し込み方法にしようか迷ったら、プロミスの場合、オススメはインターネットです。

プロミスのインターネット申し込みは24時間365日、自分の都合が良い時に手続きができますし、現在主流の申し込み方法になっているのでプロミスもスムーズに対応する仕組みを整えているんです。

プロミスの場合、必要な項目を入力するだけで手続きを進められるので、インターネット環境がある方にはいちばんオススメできる方法ですよ。


プロミスにインターネットで申し込む


プロミスのインターネット申し込みは24時間365日、いつでもスマホ・パソコンから申し込みが可能となっています。

手順1.申し込み


プロミス公式サイトの申し込みフォームに必要事項を記入して申し込み手続きを進めます。
入力項目はこちら。
▼個人情報
氏名
生年月日
性別
家族構成
子供の有無
電話番号(携帯・PHS)
自宅電話の有無
運転免許証交付の有無

▼自宅情報
郵便番号
自宅住所
自宅住所のフリガナ
お住まいの種類

▼勤務先情報
雇用形態
勤務先名
勤務先名(フリガナ)
郵便番号
勤務先住所(フリガナ)
所属部署
営業本部
電話番号
社員数
最終学歴
入社年月
年収
健康保険証の種類
業種

▼契約方法・その他情報
ご希望の契約方法
現在の他社お借入れ
今回のお借入希望額
メールアドレス
パスワード
審査結果の連絡方法
書面の受取方法


入力項目が多いように感じられるかもしれませんが、選択制になっているものも多いので、15分もあれば入力完了すると思います。

手順2.審査・在籍確認が行われる


プロミスの審査と在籍確認が行われ、在籍確認は基本的に勤務先に電話がかかってくることになります。

手順3.審査結果の連絡


プロミスからの審査結果のお知らせは「メール」または「勤務先への電話」から選ぶことができます。

特に電話での連絡じゃなくても良いという方は、メールを選択しておきましょう。

プロミスからの審査結果の連絡メールには限度額なども記載されていますのでしっかり確認してください。

手順4.契約


プロミスとの契約手続きは「来店契約」または「WEB契約」になります。

来店契約のポイント

来店で契約手続きをする場合は、必要書類を持参してプロミスの自動契約機または店頭窓口に行きましょう。

契約書類を作成してローンカードを受け取れば手続き完了となり、すぐにお金を借りられるようになります。

自分の口座に振り込んでもらう「振込キャッシング」もすぐに利用できるようになります。


WEB契約のポイント

プロミスから「書類提出依頼メール」が届きますので、内容に従って本人確認書類を提出します。

ここがとても大切なのですが、WEB契約ではローンカードを発行するかどうかを選ぶことができます。即日融資を希望する場合は、ここで「カードなし」を選んでください。

カードありを選んでしまうとローンカードが郵送で届くことになり、到着までに1週間程度かかってしまいます。

「カードなし」の場合は、WEB完結となりローンカードの発行も郵送物もありませんので、すぐに振込キャッシングでお金を借りられるようになります。

ちなみに、プロミスとの契約手続きは郵送でもできますが、本人確認書類を送って契約書類を受け取るという手間がかかるのでおすすめできる方法ではありません。

プロミスの契約手続きは、来店・WEB契約のどちらかで行いましょう。

 
↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

電話「プロミスコール」で申し込む流れ


プロミスコールからの申し込みは、受付時間が限られているのでご注意ください。

▼プロミスコール受付時間
9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なる)
土日祝日も申し込み可能


手順1.プロミスコールに電話をかけて申し込みをします


▼プロミスコール 電話番号
プロミスコール:0120-24-0365
レディースコール:0120-86-2634
※レディースコールは女性専用ダイヤルになります


プロミスの電話申し込みでは審査に必要な項目を全て口頭で聞かれることになりますので、時間に余裕があるときに電話をかけることをおすすめします。


手順2.審査・審査結果の連絡


審査と勤務先への在籍確認が行われ、電話で審査結果の連絡があります。限度額や金利もこの電話でお知らせがありますので確認しておきましょう。

プロミスの場合、申し込みから審査結果が出るまでは最短30分です。


手順3.契約


必要書類を持参してプロミスの自動契約機またはプロミス店頭窓口に来店して、契約手続きを行います。

プロミスとの契約は郵送でも可能なのですが、自動契約機または店頭窓口で行なった方が早く借り入れをすることができます。

郵送で契約する場合は、必要書類をプロミスに送ることになります。そのあとでプロミスからローンカードと契約書が送られてくることになります。


手順4.借り入れスタート


プロミスの自動契約機または店頭窓口で契約した場合はその場でローンカードを発行できるので、契約手続き完了後からATMによる借り入れができるようになり、また振込キャッシングも利用可能です。

郵送契約の場合は、ローンカードが届いたら借り入れができるようになります。


郵送でプロミスに申し込む


郵送申し込みは「インターネットが苦手で自動契約機には行けないけど、時間に余裕はある」という方におすすめできる方法です。

メリットが少ない申し込み方法で、非常に時間がかかることからあまり郵送申し込みはおすすめではありません。特にスピード重視の方は他の方法でプロミスに申し込みをしてください。

手順1.申込書を用意する


プロミスの申し込み書は以下の3つの方法で用意できます。

・プロミス公式サイトから申請する
・プロミスコールに電話をかけて取り寄せる
・自動契約機または店頭窓口に取りに行く


手順2. 申し込み手続き


カードローンの申し込み書に記入して、必要書類と一緒にプロミスに送ります。


手順3. 審査・在籍確認・審査結果の連絡


申し込み書をもとにして、プロミスの審査と在籍確認が行われ、審査結果は指定した連絡先にお知らせがあります。


手順5.契約


プロミスから契約書類とローンカードが自宅に送られてきます。郵便物に書かれている差出人名はプロミスではなく「事務センター」になります。

プロミスの場合、この契約書とローンカードは自宅住所以外に届けることはなく、「転送不要」で届くので、必ず自宅で受け取る必要があります。


手順6.借り入れスタート


プロミスからローンカードを受け取ったら、ATMから借り入れができるようになり、振込キャッシングも利用できます。


自動契約機・サービスプラザ(店頭窓口)でプロミスに申し込む


自動契約機・サービスプラザ(店頭窓口)で申し込みするメリットは、不安なことを相談しながら申し込みができることです。


手順1. 来店して申し込みをする


来店申し込みの場合は、自動契約機・サービスプラザの営業時間にご注意ください。

▼自動契約機の営業時間
9:00~21:00※契約機により営業時間が異なる。
土日祝日も利用可能です

▼サービスプラザの営業時間
10:00~18:00
平日のみになります


必要書類を持ってプロミスの自動契約機・サービスプラザに行き、案内に従って申し込み手続きを行いましょう。


手順2. 審査


申し込み内容をもとにしてプロミスの審査が行われます。審査結果が出るまで、その場で待機することになりますので時間に余裕を持って来店しましょう。

プロミスの審査では在籍確認も行われますが、在籍確認は本人不在でも通過することができるのでご安心ください。


手順3. 契約


審査結果がその場でわかりますので、限度額や金利などに納得できたらプロミスと契約を結びましょう。ローンカードもその場で発行されます。


手順4.借り入れスタート


プロミスのローンカードを発行したら、ATMからの借り入れができるようになり、振込キャッシングも利用できるようになります。


⇒プロミス 自動契約機の使い方は?カード発行までの流れ



 
↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスの申し込みのポイントやスピード融資を受けるコツ


プロミスの申し込み方法としていちばんおすすめなのはインターネット申し込みになりますが、他にもなるべく早く融資を受けるためのコツがありますので、ポイントなどをここでご紹介します。

プロミスの「WEB完結」はスピード融資に対応


プロミスのWEB完結は、申し込み・借り入れ・返済が全てインターネットでできて、ローンカードも発行されないキャッシングです。

▼プロミスWEB完結の特徴
・審査結果は最短30分!
・申し込みから契約まで全てインターネットで手続きできます。
・ローンカードと契約書が発行されないので郵便物がありません


スマホひとつで借り入れも返済もできるので、とてもスマートです。

また、ローンカードを持ち歩かなくても良いので、お財布に入っているローンカードから家族や友達にプロミスを利用していることがバレることはありません。


⇒プロミスのWEB完結はカード・郵便物なしでOK




注意!稀にWEB完結が利用できない金融機関がある


WEB完結ではローンカードの発行がありませんので、WEB完結による借り入れ・返済には、基本的に金融機関を利用することになるのですが、WEB完結に対応していない金融機関があるんです。

例えば、りそな銀行・埼玉りそな銀行はWEB完結未対応ですし、新生銀行やジャパンネット銀行も対応していません。一部の地方銀行・信用組合も対応していないので注意が必要です。

 
↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

急いでいる時にオススメの申し込み方法は?


即日融資に対応している申し込み方法は、インターネット、電話、プロミス自動契約機、プロミス店頭窓口のいずれかになりますが、どの方法で申し込む場合でも、できるだけ早めに手続きを始めるようにしましょう。


インターネット申し込みで即日融資を受ける方法


インターネットから申し込んでWEB完結で即日融資を受けるには、ローンカードの発行を選択する画面で「発行なし」を選びます。

WEB完結で手続きが完了したらすぐに振込キャッシングで借り入れができますし、後ほどご紹介する「スマホATM」で、ATMから借りることもできます。

「発行あり」にしてしまうとWEB完結ではなくなり、ローンカードが郵送されてきます。
届くまでATMから借り入れができなくなってしまいますので、ご注意ください。

なお、ローンカードも即日発行したい場合は自動契約機で契約をすることになるので「インターネットで申し込みをして、自動契約機で契約をする」という流れになります。


電話申し込みで即日融資を受ける方法


プロミスに電話申し込みをして審査結果が出たら、自動契約機・店頭窓口に来店して契約手続きを行いましょう。プロミスの場合、ローンカードもその場で発行できるので、即日融資が可能となります。


自動契約機・店頭窓口申し込みで即日融資を受ける方法


プロミス自動契約機・プロミス店頭窓口での申し込みは、営業時間にご注意ください。
▼自動契約機の営業時間
9:00~21:00※契約機により営業時間が異なる。
土日祝日も利用可能です

▼サービスプラザの営業時間
10:00~18:00
平日のみになります


どちらも時間に余裕を持って来店して、どんなに遅くても閉店の1時間前までには申し込みを始められるようにしておきましょう。

 
↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 



土日祝日に即日融資を受けたい時の申し込み方法は?


プロミスで土日祝日に即日融資を受けたい場合は、
・インターネット
・電話
・自動契約機
のいずれかで申し込みをしてください。

申し込みの流れはご紹介した方法と同じですが、土日は申し込みが混雑しやすいので、なるべく早めに申し込み手続きを開始することが非常に重要です。

また、ローンカードを発行しておけばコンビニなどの24時間対応ATMから借り入れができますが、振込キャッシングで即日融資を受けたい場合は、お使いの金融機関が「瞬フリ」対応かどうかを確認しましょう。

<参考>プロミス:金融機関別振込実施時間検索

プロミスの「瞬フリ」は振込依頼手続きから最短10秒で振込融資を受けることができるサービスです。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行などをはじめ、200の金融機関が瞬フリに対応しています。

「瞬フリ」が未対応の場合は銀行営業時間内での振込になるので、即日融資ができない場合があります。

どちらかというと、振込よりもATMからの即日融資の方がやりやすいかもしれませんね。


⇒プロミスは即日融資可能?土日でも当日に借りられる?



プロミスの借り方・借り入れ方法は?


プロミスでお金を借りる方法は以下の5種類あります。

・プロミスATM
・店頭窓口
・コンビニなど提携ATM
・スマホATM(セブン銀行)
・口座振込(瞬フリ)



プロミスATMで借入


ローンカードを使って、全国に設置されているプロミスATMから借り入れを行います。プロミスATMからの借り入れ・返済は、手数料無料で利用できますので、お近くのATMの場所を調べておくと便利ですよ。


プロミス店頭窓口で借入


店頭窓口「お客様サービスプラザ」営業時間:平日10~18時


プロミス店頭窓口「お客様サービスプラザ」でお金を借りることもできます。

ただ、プロミスのスタッフさんと顔を合わせることになりますし、営業時間が平日のみになるので、あまり便利な方法ではありません。


コンビニなど提携ATMで借入


プロミスの提携金融機関は、「三井住友銀行とそれ以外」になります。

三井住友銀行ATMは、いつでも手数料無料で借り入れ・返済ができますが、それ以外の提携ATMは、以下の手数料がかかります。

取引金額借入時手数料返済時手数料
1万円以下110円110円
1万円超220円220円
 

お金を借りるたびにATM手数料を払うのはもったいないので、ATMから借り入れを行う場合は、できる限りプロミスATMまたは三井住友銀行ATMを利用すると良いでしょう。


スマホATM(セブン銀行・ローソン銀行)で借入


プロミスは「アプリローン」というローンカードなしでセブン銀行ATMとローソン銀行ATMを使えるサービスを行なっています。

「アプリローン」は特別な商品というわけではなく、スマホアプリを使って申し込み・借り入れ・返済まで全てできるというサービスの総称になります。

セブン銀行ATMは全国に25,000台以上、ローソン銀行ATMは13,000台以上あるので、どこにいてもスマホアプリを使って借り入れができます。

ちなみに、以前はローソン銀行がスマホATMに対応しておらずセブン銀行でしかお金を借りられなかったのですが、2020年8月にローソン銀行でも利用できるようになり、ますます便利になりました。


スマホアプリでお金を借りる方法とは?


スマホアプリを使ってどうやってATMからお金を借りるのか気になりますよね!

スマホアプリとATMの画面案内に従っていけば現金を借りられるようになっているのですが、簡単にご紹介します。

1.プロミス公式アプリをインストールする
2.プロミス公式アプリの「スマホATM取引」をタップする
3. セブン銀行またはローソン銀行ATMの画面で「スマホ取引」をタップする
4.スマホアプリ内の「出金」をタップします
※この時「入金」をタップすると返済ができます
5.ATMに表示されているQRコードを読み取ります
6.スマホに表示された「企業番号」「認証番号」をATMに入力します
7.ATMで借りたい金額を入力して、現金を受け取ります
※利用するATM(セブン銀行・ローソン銀行)で、画面に表示される文字が若干異なります



⇒プロミスのアプリローンって何?



ATM利用手数料に注意!

ローンカードをうっかり忘れてしまってもスマホアプリから手続きができるのはとても便利なのですが、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMは有料の提携ATMになります。

お金を借りるたびに手数料がかかることを忘れないようにしましょう。


口座振込(瞬フリ)で借入


口座振込でお金を借りる場合は、プロミスに振込依頼をして入金してもらうことになり、振込依頼方法は2つあります。

・スマホ、パソコンから振込依頼
・電話で振込依頼


スマホ、パソコンから振込依頼をする


プロミスインターネット会員サービスから振込依頼をすると、最短10秒で振込してもらえます。

プロミスの場合、24時間365日、土日も夜間も対応で、しかも振込手数料は無料なのでとても便利ですよ。

プロミスの「瞬フリ(振込キャッシング)」の使い方


1.会員サービスにログインします
Web-IDとパスワード(またはカード番号とカード暗証番号)を入力してログインします。

2.振込先口座を登録します
会員サービスから振込先口座を登録できるので、振込してほしい口座を登録します。この手続きは初回のみとなり、再度登録をする必要はありません。

3.振込キャッシングの申し込みをします
プロミス会員サービスの「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から、振込依頼を行います。プロミスの瞬フリなら登録した口座に最短10秒で振込が完了します。


⇒プロミスの瞬フリとは?反映時間は?いくらから借入可能?




瞬フリが対応できない時間に注意を!

プロミスの「瞬フリ」は200を超える金融機関に24時間365日対応で振込してもらえるのですが、メンテナンス時間などは非対応になります。メンテナンス時間は振込実施時間が異なりますのでご注意ください。

まず、毎週月曜日の0:00~7:00は、瞬フリの受付そのものができず、以下の時間帯に受付をした場合は、振込予約となり即時振込ができません。

曜日受付時間振込実施時間
毎週土曜日23:30~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週日曜日0:00~4:00当日8:45~9:30頃
18:50~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週月曜日7:00~8:00当日8:45~9:30頃
 
お正月、ゴールデンウィークもメンテナンスが行われます。

▼お正月の振込対応時間は?
1月1日、1月2日0:00~7:00は受付停止となります。12月31日18:50~1月4日8:00に受付を行った場合、1月4日8:45以降の予約振込みになります。
※金融機関の営業日によって、1月4日または翌営業日の振込になります。

▼ゴールデンウィークの振込対応時間は?
5月2日18:50~5月6日8:00に受付を行った場合、5月6日8:45以降の予約振込みとなります。
※金融機関の営業日によって、5月6日または翌営業日の振込となります。

プロミスの必要書類


プロミスの申し込みに必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」があります。必要書類は申込者の状況と借り入れ希望額によって異なります。


プロミスに提出する本人確認書類


本人確認書類は氏名・居住地・生年月日の確認のためにプロミスに提出します。

プロミスの本人確認書類として、最優先で用意すべきものは運転免許証になりますが、運転免許証の発行を受けていない場合は、パスポート・マイナンバーカードでも大丈夫です。

いずれも用意できない場合は、健康保険証を提出することになります。ただし健康保険証の場合は1点だけでは不可で、追加の添付書類が必要です。

例えば「健康保険証+住民票」、「健康保険証+公共料金の領収書」などをプロミスに提出します。

外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」をプロミスに提出してください。

本人確認書類の住所と現住所が違う場合


引越しをしたばかりなど、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、運転免許証があっても追加書類が必要になります。
▼本人確認書類の住所と現住所が違う場合の追加書類(※いずれも発行日から6ヶ月以内のもの)
・現住所が記載されている公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写し(または住民票の記載事項証明書)
・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
など


例えば、「運転免許証+住民票の写し」などをプロミスに提出することになります。


本人確認書類の注意


マイナンバーカードを本人確認書類にするときは、個人番号(マイナンバー)が記載されている部分を塗りつぶすなどして、見えないようにしてください。

健康保険証を提出する場合は、記号・番号・保険者番号・QRコードの部分が見えないように加工してください。


プロミスに提出する収入証明書


収入証明書は以下のどちらかに該当する場合に提出を求められます。

1.希望の借入額が50万円を超えるとき


プロミスで50万円を超える借り入れを希望する場合は、他社での借り入れ状況に関係なく収入証明書が必要になります。

2.プロミスでの希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超えるとき


すでに他社からお金を借りていて、今回のプロミスでの融資を合わせると100万円を超える場合に収入証明書の提出を求められます。

ちなみに他社借り入れ状況は自己申告になるのですが、審査の際に信用情報機関に照会をかけるので黙っていてもバレてしまいます。

嘘をついていることが発覚したら審査はそこで終了となってしまいますので、絶対に虚偽の申告はしないようにしてください。
▼プロミスの収入証明書
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもの。「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)
※賞与明細書がない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書だけで大丈夫です



プロミスの申し込み方法・借り方は選びやすい!(まとめ)


プロミスの申し込み方法はインターネットが便利ですが、自分の都合に合わせて選びやすくなっています。

プロミスの場合、借り入れ方法も振込キャッシングとATMからの借り入れがあるので、実際借りやすいと思います。

提携ATMも多く、夜間に「どうしても1万円だけ必要!」という場合などでも、プロミスならコンビニATMで借りることができます。

しかし、ローンカードを家に忘れてしまってもプロミスアプリをスマホに入れておけばスマホATM機能で借り入れができます。プロミスは利便性が高いこと間違いなしなので、計画的に使っていきましょう!
 
↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスはコンビニATMで借入・返済可能?【セブンイレブン・ローソン・ファミマ】など

プロミスの借り入れと返済がコンビニATMからできたらとても便利ですよね。 特にプロミスATMに出入り・・・

住所変更があったらプロミスに届け出は必要?書類は?

プロミス利用中に引越しをしたり、上京して住所が変わることもあると思います。 でも、毎月の利用明細をW・・・

プロミスを利用すると住宅ローンの審査が不利になる?

プロミスをはじめとした消費者金融からお金を借りていると、住宅ローン審査に落ちると聞いたことがある人も・・・

プロミスは夜でも審査・借入は可能ですか?

プロミスの審査可能時間は比較的長く、「21時」までであれば審査可能となっています。 閉店時間ギリギリ・・・

ブラックリストの人がプロミスで借りられない訳

「ブラックリストだとプロミスからお金を借りることができない」と聞いたことがある人は多いと思います。 ・・・

他社借入があってもプロミスの審査に通る?

プロミスからお金を借りたいけど、他社から借り入れがあるとお金を借りられないと聞いたことがある人も多い・・・

アルバイト・パート・派遣社員でもプロミスから借入可能?

「アルバイト・パートだからプロミスの審査が不安・・・」 「派遣社員でもプロミスから借りられるの?」 ・・・

水商売で働く方はプロミスで借入できない?アリバイ会社はNG

「水商売をしているとカードローンの審査には通らない」と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。・・・

プロミスは学生でも借入可能?未成年はNG?親バレは大丈夫?

ここでは学生がプロミスに申し込みをする条件、プロミスの審査に通過するポイント、親バレしないコツなどを・・・

プロミスは総量規制の対象?年収0円の専業主婦・無職はNG?

ご存知の方も多いと思いますが、消費者金融(貸金業者)の借入限度額には「総量規制」という基準があります・・・

プロミスの目的ローンについて

プロミスでお金を借りる理由が結婚費用であったり子供の教育費にするなど、使い道が決まっている場合は、フ・・・

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンで借り換えはお得?

プロミスには通常のカードローンの他に、おまとめ専用商品となる「おまとめローン」があります。 「おまと・・・

自営業者でもプロミスで借りられる?自営者カードローンについて

最初にお伝えしておくと、自営業者でも通常のカードローン審査に通過することはできます。 ただ、自営業者・・・

プロミスへの支払いが遅延しそうなときは?延滞金はいくら?

延滞しないように気をつけるのは当然のことですが、自分が思っていたよりも返済期間が長くて、返済が苦しく・・・

プロミスの解約方法・退会手続きの流れ

プロミスの解約方法について公式サイトの「よくあるご質問」を見てみると、次のように記載されています。 ・・・

プロミスの口コミ・評判まとめ

この記事では、 「プロミスの口コミ」 「プロミスの評判」 に特化して、プロミスに申し込みをした人やプ・・・

プロミス 自動契約機の使い方は?カード発行までの流れ

街中にあるプロミスの自動契約機を見たことがある人は多いと思いますが、あの自動契約機では、どんなことが・・・

プロミスのWEB完結はカード・郵便物なしでOK

プロミスの「WEB完結」は、申し込みから契約に必要なすべての過程をインターネットで済ませることができ・・・



PAGETOP